全力疾走中!!

ファッションのサブカルチャー講座1【スポーツ編】

サブカルチャーはファッションにとってとても重要な要素です。
まぁファッションもサブカルチャーと言えますが、ここではファッションに影響を与えたサブカルチャーの解説をしていきます。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/10/2082d53888d242f9b87e199fa79fb991-1.jpg
おさるさん

サブカルチャーを知りたいんだけど、本になって無いから調べ方がわからなくて困ってるっす。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/09/d668bdd66474379d3b0e1142b0e0f1fe-2.jpg
エースくん

サブカルチャーを理解するには、スポーツや映画、音楽、雑誌などに切り分けて考えると理解しやすくなるよ。

今回はスポーツを軸にしたサブカルチャーを解説していきます。

1980年代 リアルスポーツ世代

人気スポーツのテニスやベースボール(メジャーリーグ)のウェアがトレンドになりました。スポーツならではのブランドがスタイリングのマストアイテムになった個性的な時代です。

1980年代 テニスウェアブランドの人気が爆発
出典 Pinterest

ジョン・マッケンロー(左)のユニフォームと言えばセルジオ・タッキーニ。
ジョン・ボルグ(右)はフィラ。どちらも人気で憧れの的でした。

1980年代 メジャーリーグのスタジャン(スターター製)

サテンのスタジャンが人気。スターター社製がほとんどなんだけど、スターター製のヴィンテージやデッドストックは価格も高いので覚えておきましょう。

1990年代 ハイテクスニーカー世代

1990年代はハイテクスニーカー代表のairmaxやバスケットが一斉を風靡しました。NBA人気がすごかったです。

1992年 バルセロナオリンピック
出典 AFPBB News

NBAのプロで結成されたドリームチーム。マイケル・ジョーダンなど歴史に残るオリンピックをきっかけに日本でもNBA人気が一気に爆発しました。

これをきっかけにバスケットシューズ(バッシュ)がタウンウェアとして一般にも広がりました。

1994年 Reebok/インスタ ポンプ フューリー
出典 Pin on Björk

ビヨークが履いてた事もあって当時はオシャレな人が履いていたイメージがあります。ハイテクスニーカーの草分け的な存在。
2000年代に入ってからハイテクスニーカーブームになり、復刻モデルに再び人気が出ました。

1995年 NIKE/AIR MAX 95
Image by: Fashionsnap.com

AIR MAX狩りと言う言葉があったほど人気の出たモデル。
デザイナーはセルジオ・ロザーノ。当時一番人気だったのがこのイエローグラデ。
それ以来いろいろなモデルが出されていますが、2015年のOG復刻モデルはまた行列ができましたね。私も買いました。

2000年代  デザイナー×スポーツ コラボ世代

2000年代はスポーツブランドとコレクションブランドのコラボが流行しました。

Y-3
出典 Y-3

2003年スタート。
山本耀司とアディダスのコラボレーション。
ローンチ当初はスポーツブランドのコラボが増えてきた背景もあって、アディダスがコレクションに参入したんだろうなと思っていました。
2019年現在も継続している事や実際に私もPARISでコレクションを見ましたがすごくしっかり作り込んでいるブランドだと感じました。

FCRB
F.C.R,B /SOPH

1999年スタート。
SOPHとNIKEのコラボレーション。

SOPHの中の概念であるBRISTOLと言うキーワードを抜き出し、架空のサッカーチームを作りました。『F.C.Real Bristol』通称 FCRB(エフシーアールビー)と呼ばれています。サッカーで使えるユニフォームウェアが多くSOPHらしいデザイン製の高い商品が人気になりました。

2010年代 トレラン、ランニンング、ピスト世代

ランニング、トレイル、ピストなど、都会的なスポーツが流行しました。各スポーツブランドも力を入れる対象をバスケやサッカーなどからランニング、トレイルなどにシフトしました。

2010年 GYAKUSOU

NIKEとアンダーカバーのコラボで商品のラインナップはランニングウェアです。

UNDERCOVERのデザイン理念と、ナイキの創設者ビル・バウワーマンのスポーツアイテムにおけるミニマリズムが融合したかなりカッコいいランニングウェアの展開です。

ランニングが流行してくると一般の人とは差別化したくなるのがデザイナーの修正ですよね。着るならこれくらいのやつを着たいです。

2013年 ツイードラン東京

2009年からロンドンで始まったイベント。
本格的にはじまったのは2013年からでした。ピストブームとトラッドのトレンドがうまく融合した形で日本にも溶け込んだ文化でした。
影響力でいうと、ファッション関係がわりと盛り上がっていて一般人を巻き込んだムーブメントにはなりませんでした。

2016 ランニング、トレランシューズがブームに。

トレランシューズやランニングシューズがブームになりだしたのが2016年あたりからです。これは特に大きなイベントがあったわけではないので、流行として感じるのは個人差があります。
セレクトショップが入荷し出したのがちょうどこの歳くらいでした。

Hoka oneone

2019年現在もランニングシューズブランドのHokaoneoneはエンジニアガーメントとコラボして即完売しました。とても人気があります。

出典 wear.jp

Salomonはパリのコンセプトストア” The Broken Arm ”とのコラボです。こちらもトレンドの証拠ですね。

2018年 Supreme×The North Faceコラボ
出典 Hypebeast

このコラボからノースフェイスの人気が絶頂に達した感じがあります。コラボ商品だけでなく、ヌプシやバルトロ、などのオリジナルの人気モデルですら買えない程の人気のレベルでした。

2018年 HYKE×The North Faceコラボ
出典 楽天市場

2018年からはじまったHYKEとのコラボも即完売の商品ばかりです。
ノースフェイスの人気が確率された年とも言えます。

年表のまとめ

この記事では、スポーツを軸にファッションに関わるサブカルチャーを解説しました。

他にも音楽や映画などいろんな視点でサブルカルチャーを学ぶとファッションを楽しむ事ができます。

年代別ファッショントレンド
  • 1980年代 リアルスポーツ
  • 1990年代 バスケ(ハイテクスニーカー)
  • 2000年代 デザイナーズコラボ
  • 2010年代 都会的なスポーツ(マラソン、トレイル、ピスト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です