現役ファッションデザイナーのブログ

【ストレッチ講座.3】デザイナーがSOLOTEX®︎を選ぶ理由をこっそり解説

お疲れ様です。

現役ファッションデザイナーのエースです。

この記事ではポリウレタンのデメリットが無い次世代のストレッチ「PTT繊維」をブランド化しているSOLOTEX®︎という繊維をまとめてみました。

今回でストレッチの講義は第3回目となり最後になります。

注意
SOLOTEX®︎は伸びない種類もあります。
今回の記事は最後のSTEP.3だよ

SOLOTEX®︎はPTT繊維をブランド化した繊維です。数あるPTT繊維の中でもデザイナーがついついSOLOTEX®︎を選んでしまう理由を書いてみました。

STEP.2を読む
PTT繊維がよくわからない方はこちらの記事を先に読んでね
【膝抜けしないストレッチ】PTT繊維とポリウレタンとの違いを整理しよう

【SOLOTEX®︎】のポイント

公式ホームページを見るとSOLOTEX®︎のポイントは7つあります。

【SOLOTEX®︎】の7つの特徴
  1. ソフト感
  2. 形態回復性
  3. ストレッチ性
  4. 調和性
  5. クッション性
  6. 発色性
  7. 環境負荷の提言

帝人フロンティア(株)が提供している繊維です。

【SOLOTEX®︎】をサクッと解説

SOLOTEX®︎を簡単に言うと「魅力的な生地が作りやすくて、着心地がめっちゃ良い素材です。さらに型崩れもしない繊維。」と言った感じです。

公式で発表されている7つの特徴を読んでもピンとこないので、情報を絞ってみました。

僕が素材を理解する時に気をつけているのは切り口です。生地を作る時の特徴洋服を着た時の特徴でメリットになることが違うので切り口が混ざっている時は強引に分けるようにしています。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/09/d668bdd66474379d3b0e1142b0e0f1fe-2.jpg
エースくん

それでは早速2つに分けてみましょう

洋服を着た時の特徴
・ソフト感
・形態回復性
・ストレッチ性
・クッション性

洋服になった時の特徴はそのままイメージできますね。

生地を作る時の特徴
・調和性
・発色性
・環境負荷の提言

こっちの特徴は素材開発用かな。

切り口を分けたところでSOLOTEX®︎の特徴を一度整理しますね。

SOLOTEX®︎を簡単言うよ
魅力的な雰囲気の生地を作りやすいよ。着心地がめっちゃよくて型崩れもしないよ。

【SOLOTEX®︎】を詳しく解説


こちらの記事でPTT繊維とポリウレタンの違いについて説明しました。

今回はさらに一歩踏み込んで他のPTT繊維とSOLOTEX®︎の違いについ説明してます。圧倒的な違いはブランド力です。

SOLOTEX®︎を選ぶ理由
ブランド力があること。SOLOTEX®︎には圧倒的な知名度や信頼感があるので。

それ以外では公式に発表されている特徴があるので2つだけ取り上げてみましょう。

SOLOTEX®︎の特徴1・形態安定性→型崩れしない

PTT繊維の中でもSOLOTEX®︎が公式で発表していることを解説してみます。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/10/2082d53888d242f9b87e199fa79fb991.jpg
おさるさん

普通に読んでみたけどむずいっすね

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/09/d668bdd66474379d3b0e1142b0e0f1fe-2.jpg
エースくん

エビデンスを入れてくると急にむずくなるね

SOLOTEX®︎の7つの特徴の中に「形態安定性」が入っていましたが抽象的すぎて分かりにくいと思います。

もう少し解像度をあげて説明すると「シルエット保持」とか「型崩れしにくい」と言い換えることができます。

今までのストレッチが膝抜けしていたメカニズムはゴム繊維が切れて伸びっぱなしになるからです。

SOLOTEX®︎の特徴1
形態安定性→型崩れしにくい

SOLOTEX®︎の特徴2・快適なストレッチ性

ストレッチ素材だから伸びるのは当たり前なのですが伸び方にどうやら「ゴム」か「バネ」かでも伸び方に違いがあるようなのでそこを解説してみようと思います。

今までは….【ゴム】の場合

ゴムの場合は伸びて戻る時にしめ付けられすぎたりします。しめつける感じは人によってはストレスになります。

ただし、スキニーのような伸びなければいけないシルエットはこのタイプが適します。

これからは….【バネ】の場合

バネの場合は良い意味で伸びすぎないので、戻る時にしまりすぎる感じがありません。体の動きにあわせてストレス無く着る事ができます。

ゴムとは反対にスキニーのようなかなり伸びないと出せないシルエットには不向きです。

SOLOTEX®︎の特徴1
ストレッチ性→体に合わせた動きで締め付けすぎない

【SOLOTEX®︎】を一言まとめてみるよ

SOLOTEX®︎を一言でまとめると「高機能のストレッチ素材」の事だと覚えてください。高機能を具体的に言うと「着心地が良くて、型崩れしないストレッッチ素材」です。

この事を理解する為にはPTT繊維(バネ)とポリウレタン(ゴム)の違いを明確にする必要がありました。

【SOLOTEX®︎】の7つの特徴
  1. ソフト感
  2. 形態回復性
  3. ストレッチ性
  4. 調和性
  5. クッション性
  6. 発色性
  7. 環境負荷の提言

今回の説明はここまで!

それではお疲れまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA