現役ファッションデザイナーのブログ

【膝抜けしないストレッチ】PTT繊維とポリウレタンとの違いを整理しよう

お疲れ様です。

現役ファッションデザイナーのエースです。

この記事ではポリウレタンのデメリットを解消した高機能ストレッチ「PTT繊維」についてサクッと解説してみたいと思います。

ストレッチの講義では第2回目になります。

今回の講座はSTEP.2だよ

1回目ではストレッチの基本「ポリウレタン」のデメリットを説明しました。まだ読んで無い方はこちらを先に読んでみてください。

【PTT繊維】のポイント

まず、簡単にPTT繊維の特徴をまとめました。

【PTT繊維】のポイント
  • ポリエステルの仲間だよ
  • PTTのストレッチはバネの構造だよ
  • PTTは薄くて軽い素材ができるよ

【PTT繊維】をサクッと解説

PTT繊維を一言で説明すると「高機能のストレッチ」です。

PTT繊維をバネ、ポリウレタンをゴムに例えてみると特徴が理解しやすいです。

MEMO
・PTT繊維は「バネ」
・ポリウレタンは「ゴム」

【PTT繊維】を詳しく解説

ゴムとバネに分けてみると、こんな図に整理できると思います。

バネの特徴
・生地幅は縮まない
・生地は厚くならない
・熱に弱く無い
・繊維が切れにくい
ゴム(ポリウレタン)の特徴
・生地幅が狭くなる(コストが高くなる)
・生地が厚くなる(重くなる)
・ゴムは熱に弱い(アイロンに弱い)
・切れると戻らない(膝抜け)

PTT繊維は「ストレッチ素材の1つでバネ構造で伸びる繊維」の事ですが、ゴム(ポリウレタン)を使わないで伸びる事が今までのストレッチ繊維との違いです。

 PTT繊維とは伸縮性のある繊維。 ポリトリメチレンテレフタレート繊維の略。 現在の伸縮性繊維であるポリウレタン繊維とくらべると、伸縮性、伸縮力(キックバックパワー)ともやや劣るが、価格が安いため少しずつ使われるようになってきている。 熱的性質や染色性がポリエステルとナイロンの中間的な繊維である。

apparel fashion wiki
MEMO
PTT繊維はポリエステルの仲間だから綿のように見えるポリエステル素材になるよ。

下記はPTT繊維とゴム(ポリウレタン)を比べた特徴です。

バネ(PTT繊維)の特徴
・生地幅は縮まない
・生地は厚くならない
・熱に弱く無い
・繊維が切れにくい

【PTT繊維】を一言まとめてみるよ

ここで「PTT繊維」についてまとめます。

「PTT繊維」と聞いたら「ストレッチ素材の1つでバネ構造のポリエステル繊維」と思ってください。

【PTT繊維】のポイント
  • ポリエステルの仲間だよ
  • 一般的なストレッチはゴムだけどPTTはバネの構造だよ
  • PTTのは薄くて軽い素材ができるよ

今回はPTT繊維の話をまとめてみました。ちなみに次で話していくのは具体的なPTT繊維をブランドとして運営してる素材を解説していきます。

STEP.3へ

お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です