全力疾走中!!

【レビュー】エンダースキーマの財布を3年使って分かった魅力を公開する

お疲れ様です。

現役ファッションデザイナーのエースです。

この記事ではラグジュアリーブランドとコラボする事で有名なエンダースキーマの財布パテントをレビューしていきます。


  1. 【素材】  cow leather ヌメ
  2. 【サイズ】 W9×H10×D2.5 cm
  3. 【原産国】 日本製
  4. 【価格】  ¥16,200

2020年現在ではヌメは廃盤になりエナメル加工にアップデートしました。エナメル加工のパテント情報はこちら↓

とはいえパテントのデザインは一緒なのでデザインを中心にレビューしていきますね。

【エンダースキーマ】ってどんなブランド?

そもそもエンダースキーマ ってなに?っていう方のためにブランドの紹介からしていきますね。

BRAND CONCEPT

身体的、生物学的性差を示すセックスに対して、ジェンダーとは、社会的、文化的な性差を意味する。Hender Scheme(エンダースキーマ)ではセックスによる性差を尊重しながらも、身なりにおいてジェンダーを介することなく、人間の経験や環境によって構造化されたジェンダースキーマを超越した概念を提唱する。

エンダースキーマHP
https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/10/2082d53888d242f9b87e199fa79fb991-1.jpg
おさるさん

よく意味がわからない…。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/09/d668bdd66474379d3b0e1142b0e0f1fe-2.jpg
エースくん

レザーでアートを作っているブランドって覚えるといいよ

エンダースキーマ が気になる方は公式ページも見てみてください。

エンダースキーマ の公式サイトはこちら

もう少し詳しく紹介していきますね。

sacaiとコラボできるブランド

コレクションブランドsacaiとコラボ出来るブランドはなかなかありませんが、それが出来ている事がすごいです。

ナイキにオマージュを許可されたブランド

出典 IRIE Standard – So-net オマージュライン

NIKEのエアジョーダンのデザインを作る事が許されています。通常ならば著作権侵害で訴えられてもおかしく無いですよね。

そればかりかNIKEだけでなく、vans、Reebok、adidasといったナショナルブランドの代表モデルも作ってるんです。

ARTを作っているブランド

エンダースキーマ は芸術性の高いブランドで収益を無視した素敵な商品を作っている事でも有名です。

出典 COVERCHORD 茶化したレザーパズル

収益性を無視した芸術性の高いプロダクトはファンを魅了し続けます。私もこの手の商品が大好きです。

【パテントの魅力】1.トレンド性

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/09/d668bdd66474379d3b0e1142b0e0f1fe-2.jpg
エースくん

財布のレビューに入るよ

まず一番初めはやはりデザインが素敵ですね。この財布は3年使っても飽きません。

飽きるどころか味が出て愛着があります。

ミニマルなトレンド性もあり、デザインにもルーツが有ります。ルーツはゴローズ のインディアンウォレット

下記で説明しますね。

ゴローズ のウォッレット
ゴローズ のコンチョ財布の経年変化
  • 【素材】ヌメ革
  • 【ステッチ】手縫いの白ステッチ
  • 【装飾】コンチョ、ビーズ付き
  • 【メリット】経年変化を楽しめて長持ちする
https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/10/2082d53888d242f9b87e199fa79fb991-1.jpg
おさるさん

おっさんくさいなぁ…

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/08/9486e4d0b4c79279778a5f1e59436acd.jpg
エースくん

今はミニマルが主流だから
野暮めな商品はあわないよね

トレンド性からみるとゴローズ は相性が悪いのですが革の経年変化は魅力があります。今っぽい経年変化があれば欲しいなぁと思っていたら、パテントのエナメル加工がそれでした。

エナメル加工の経年変化

それでは、エナメル加工の経年変化の様子を最初にみていきましょう。とても清潔感があり綺麗に育っていくのが魅力です。

未使用のエナメル加工

綺麗なヌメの状態です。

経年感化したエナメル加工

経年変化の具合は汚れがつきにくいのか光沢もあり、とても綺麗です。黒ずみしなくてとてもいいですね。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/08/9486e4d0b4c79279778a5f1e59436acd.jpg
エースくん

清潔感があるのに男性が大好きな味があって素敵だね

【パテントの魅力】2.経年変化を新品と3年後で比較

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/09/d668bdd66474379d3b0e1142b0e0f1fe-2.jpg
エースくん

ヌメ革の経年変化も
解説していくね


ヌメ革の経年変化を「新品」と「3年後」で比較していきます。

【ヌメの経年変化】新品と3年後で比較
  • 正面表側
  • 開いた状態
  • カードを入れた状態
正面表側
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は b0238743_1618419.gif です
出典 addictshop 新品のパテント  
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-12.png です
3年後のパテント
開いた状態
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 9395b1621e6337f733f5.png です
開いた状態 新品 出典 UNKER
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3748-1.jpg です
開いた状態 3年後
カードを入れた状態
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-7.png です
カードを入れた状態 新品
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-8.png です
カードを入れた状態 3年後

毎日3年以上使ってステッチ1つほつれていないのがすごい!!

【パテントの魅力】3.耐久性と完成度

パテントを3年使って驚いたのは財布が壊れない事。糸のほつれや、擦り切れなどいっさいありません。

パテントの完成度
  1. 壊れやすい部分を排除
  2. 手間をかけた手縫い縫製
  3. 全体の雰囲気をまとめるコバ塗りの技術

順番に説明していきますね。

堅牢で知られるコードバンの財布

比較するものがあると分かりやすいと思うので私が4年間使用したコードバンの財布と比べて説明してみます。

MEMO
コードバンは馬のおしりの部分で、革の中でも最高の耐久性を持つと言われてるよ

【完成度1】壊れやすい札入れ部分を排除

コードバンは札入れの仕切り部分が見返し仕様になっています。

見返しを簡単に説明します。ここでは、わかりやすさを優先するために見える部分には革を使い、見えない部分は裏地を使う仕様と思ってください。

2つ折りタイプの財布には見返し仕様はマストで、札入れの仕切り部分が革だと厚すぎて折れません。かといって裏地だけだと裏地の安っぽさが見えちゃうからです。

耐久性のあるコードバンも折り曲げ部分は力がかり縫製が切れてしまいました。革製品で糸が切れるのは致命的でそこから崩壊していきます。

パテントには札入れの仕切りが無い?

一方パテントには札入れ部分の仕切りが最初からありません。

壊れやすい部分なら最初から無くせばいい。とてもミニマルで斬新な考え方で、驚きました。

【完成度2】手間をかけた手縫い縫製

札入れ部分と同じように、折り曲がる所は縫製が切れやすいのです。コードバンの財布は端の折り曲げる部分の縫製もキレてしまいました。

製品として崩壊している様子が分かりますよね。

エンダースキーマ の財布はステッチがキレない?

配色でも綺麗な縫製、3年使用しても糸が切れる気配すらない

一方パテントの方はステッチが切れる気配すらありません。

その違いは太番手の丈夫な糸です。これほど太い縫い糸はミシンに糸が入らないので手縫いしかありません。

革を手縫いする時ははロウ引きと言う作業をします。糸を滑りやすくするためですが、同時に糸を丈夫にする効果もあるのです。

縫製する前に穴をあける作業

さらに手縫いは革に穴をあけてから縫うのでとても時間がかかります。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/09/d668bdd66474379d3b0e1142b0e0f1fe-2.jpg
エースくん

手間をかけているから何年も使い続けれるんだね

MEMO
配色ステッチが出来るのは縫製が上手な証拠だよ。配色だと縫製が汚いと目立ってしまうから。

【完成度3】コバ塗りの技術

最後にコバ塗りをみてみましょう。


側面に塗られているのがコバです。レザーと調和して綺麗に仕上がっています。
3年以上でこのコバの状態は流石としか良いようがありません。

レザーの側面に出てくる部分をコバと呼びますが、このこば塗りも技術の見せ所です。このパテントは非常に綺麗で使っていてもひび割れもしない最高品質ですね。

MEMO
レザー製品のこば塗りは端の処理を綺麗してひび割れを防ぐためにするんだよ


余談ですが縫製が弱いとこうなります↓

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-17.png です

革製品はステッチが切れるとコバ塗り部分も一緒に取れてしまいます。
実はルイ・ヴィトンでさえ、すぐにコバが取れてしまうんですね。

新品のルイ・ヴィトンを買う時に綺麗な状態がいつまでも続くと思って購入していまうけど絶対に綺麗な状態は長く続きません。

実際には3年も使用すればこの折り返し部分のステッチがほつれ、コバ塗りも剥がれます。高級ブランドを買う時はいつまで綺麗な状態が続くかも考えて買う方がいいですね。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/09/d668bdd66474379d3b0e1142b0e0f1fe-2.jpg
エースくん

修理に出すとステッチを直すだけで何万円もするよ

【パテントの魅力】4.価格比較

ゴローズ エンダースキーマ
コンチョ財布パテント
¥45,712 ¥16,200

ゴローズ と製品の完成度は差がありません。でも価格の差は大きいですね。つまり製品に対してのコスパが良すぎるんです。

パテントの魅力】5.芸能人も愛用している

パテントではないですが、エンダースキーマ は芸能人が愛用している事でも有名です。

エンダースキーマ 愛用の芸能人
  • 山崎賢人さん
  • 坂口健太郎さん
  • イチロー選手

代表的な有名人を3人あげましたが人気のある有名人が認めるブランドだという事がわかるはずです。

山崎賢人さん
坂口健太郎さん
イチロー選手

ちなみにこちらがそれらのバッグです。とても人気のあるモデルですね。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/08/9486e4d0b4c79279778a5f1e59436acd.jpg
エースくん

イチロー選手も使っているんだね

【デメリット】パテントは使いにくい?

パテントには使いにくい部分もあるので紹介しておきます。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/09/d668bdd66474379d3b0e1142b0e0f1fe-2.jpg
エースくん

使いにくい点もあるけど使い方次第で解消できるよ!

パテントの使いにくいポイント
  • 片手でお札を収納できない
  • カード入れが足りない
  • 小銭入れに指が入らない

【ここが使いにくい】1.片手でお札を収納できない


中央のお札の仕切り部分を無くした事で耐久性があがりましたが、片手でお札が収納できなくなりました。

お札がはみ出る状態


上手く出来ないか3年間使っていて試してみましたがどうやら僕には無理そうです。お札が片手でしまえないのはストレスを感じました。

しかし今は、電子マネーにシフトしているのでほとんど財布を出す事がありません。

僕がお札をしまうのが下手なだけかもしれないし、そこにストレスを感じるのも僕だけかも…

【ここが使いにくい】2.カード入れが足りない

カード入れ用の切り込み部分にカードは1枚しか入りません。ここは正直使いにくいです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-9.png です


しかし、切り込みのある上の部分にもカードが入ります。とはいえMAX5枚かな。これ以上は財布が痛むので入れない方がいいでしょう。

カードを多く持ちたい人には不向きかもしれません。

【ここが使いにくい】3.小銭入れに指が入らない

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421.jpg です

小銭入れは人指し指しか入らないほど狭いのでとても使いにくいです。

ただ使い方を変えてみて財布を逆さにすると小銭が全部でてきます。そうすると図の部分がフタの役割になって小銭をキャッチしてくれるんです。

一度逆さにして小銭を出す事を知ってしまえば小銭入れが大きい財布よりもを使いやすいですね。

【パテントの魅力】.まとめ

3年間使用したパテントのレビューを解説をしました。
購入する際にかなり参考になると思います。

https://aselman.com/wp-content/uploads/2019/08/9486e4d0b4c79279778a5f1e59436acd.jpg
エースくん

かなり良く無い?

パテントの魅力・まとめ
  • トレンド性があるブランド
  • コレクションブランドとのコラボが可能なブランド
  • ナイキなどオマージュラインが許されるブランド
  • 経年変化が美しい
  • 耐久性と完成度が高い
  • 価格がお買い得すぎる
  • 芸能人も愛用する安心感のあるブランド
  • デメリットは使い方で解消できそう


清潔感を重視する最近の傾向だと経年変化が綺麗にでるエナメル加工は非常におすすめです。

\最新のエナメルパテントはこちら


それではお疲れ様でした。


合わせて読みたい・エンダースキーマ ー

3年間使って分かったエンダースキーマのキーケース【サークル】独自視点で本気レビュー 【レビュー】懐かしいホテルキーホルダー。エンダースキーマ・リバーサイド

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です